お餅にカビ

もらった餅にカビが生えた

親戚から送られてきた餅だ。
ビニール袋入りで、乾燥剤(脱酸素剤?)も入っているのに。

子どものころは賃餅(和菓子屋さんなどに搗き賃を払って、もち米を餅にしてもらう)を頼んでいて、
その餅にはカビが生えるのが当たり前だった。

今、スーパーで買う餅は一年経ってもカビが生えないが。


「青カビはペニシリンの素だから、食べても大丈夫。」
なんてことを聞かされていたが、
今は「食べるな危険」が常識のようですね。

でも子供時代、カビの部分を刮いで食べて何ともなかったので、
大人(じいさん)になれば、もっと大丈夫でしょう。

といいながら、焼いて食べました。

それにしても、カビる餅と、一年放置していてもカビない餅と、
どっちが安全・安心なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>